Interview

インタビュー

  • HOME
  • /
  • インタビュー1

「追いつけ、追い越せ。」
7年経った今でも、
深まってゆく探究心。

大嶋 史昭
部署●●_○○年入社

Q1

仕事をしていく中で大切にしていることはなんですか?

周囲との関係性です。業務にはスピード感が求められるので、普段からしっかりコミュニケーションを取るようにしています。融雪設備の取り付けは、お客様の命を守る仕事。社員同士声を掛け合いながら、メリハリをつけて取り組むように心がけています。

Q2

社内で共有や周知を行う時に工夫していることはありますか?

抱えている案件がたくさんあるので、現場の予定や工程の確認は必ず全員で行うようにしています。進捗具合もそれぞれなので、確認や共有も大事ですね。業者の方ともきちんと連携ができていれば、自然とスムーズに進めていけます。わからないことがあれば、社員同士で教え合って知識を増やしています。

Q3

これまでで一番大変だった仕事はなんですか?

入社して間もない頃は、民間企業への営業を行っていました。実際に設置していただいたところは少なかったですが、“知っていただくことが何より大切”という社長の教えを心に刻み、頑張っていたことを思い出します。当時は資格も持っていなかったので、なかなか大変でしたね。

Q4

現在、悩みや課題を感じている部分はありますか?

会社に入って7年ほど経ちましたが、自分はまだまだだなと思う場面が多々あります。融雪や電気に関する知識、習得したい技術や経験がたくさんあるので、社長や仲間から色々なことを学び、今後も日々精進していきたいです。

Q5

2〜3年後の目標を教えてください。

フジヒロはただものを売るのではなく、お客様に寄り添ったご提案をすることに注力しています。悩みの種となる冬の電気代を少しでも最小限に抑え、快適な暮らしをお届けできるようにしていくことが目標です。そのためにも、資格取得に向けた勉強を今は全力で頑張っています。

Q6

5〜10年後の目標や、ビジョンを教えてください。

設計に携わるという部分では正確さを求められる仕事をしていますが、私はあまり手先が器用ではありません。だからこそ社長のような職人にはとても憧れます。人として尊敬できる考え方もついつい真似をしたくなるほど。将来的には独立も視野に入れているので、今後も色々なことに挑戦し経験を積み重ねていこうと思います。

Q7

『フジヒロのいいところ』ってどんなところですか?

社員同士が密に話せる環境が整っているところです。大きな組織になると各セクションの判断を待って、実行に移るまでに時間がかかってしまうことがあると思います。フジヒロでは常に情報を共有し合っており、意思決定までのスピードも速いのでスムーズに作業を進めていくことができます。

Q8

社長に対する思いや今後への期待を聞かせてください。

“追いつけ、追い越せ”という気持ちで、社長の背中を追いかけながら日々働いています。指導の仕方や叱り方、褒め方、人間的な部分も含め、心から尊敬できる社長です。これからも色々なことを吸収しながら、この会社をもっと大きくしていきたいと思っています。